50代女性のダイエット方法

【50代お腹が気になる】楽チンダイエットで脂肪を徹底的に落とそう!

お腹の脂肪が気になります。

50歳を超えてからお腹が出てきてしまいました。

お腹の脂肪を減らす方法はないでしょうか?

できればきつい運動ではなく、楽な運動がいいです。

もし、楽にお腹の脂肪を落とせる方法があれば教えて下さい。

 

質問1

簡単な運動でお腹の脂肪を落とす方法はないですか?

回答1

腰回しダイエットがおススメです。

 

腰回しダイエットのメリットは、ハードな運動や食事制限をすることなくダイエットできることです。

腰回しは辛い運動ではなく、むしろリラックス効果があるためとても続けやすいです。

食事制限がないのも良いですし、腰回しを続けていると自然に食べる量を気にするようになります。

しかしハードではないぶん、ダイエットの効果がなかなか目に見えません。

短期間で効果を得たい場合には不向きなため、そこがこのダイエットのデメリットです。

 

腰回しダイエットは毎日1回行います。

しかし、身体が疲れている時は無理して行う必要はありません。

 

腰回しをする際は動きやすい格好で行います。

まず前後と左右に各10往復ずつ腰を動かします。

力を入れすぎずゆっくりと動かすのがポイントです。

 

その後、右回りと左回りに腰を回します。

この時無意識に首や肩周辺も回ってしまい、腰がちゃんと回っていないことがあるので注意が必要です。

大きくゆっくりと回していくのがポイントです。

お腹の内側から温かくなっていく感覚があれば正しく行えています。

 

私がこのダイエットを始めてから約1ヶ月程度で、寸胴型だったお腹にくびれができました。

またダイエットを始める前はお腹に3本線が入っていたのですが、これは約半年程度このダイエットを続けていたらなくなりました。

この時体重は気にしていなかったのでどのくらい減量できていたかはわかりませんが、お腹周りのサイズダウンは確実です。


質問2

食事制限をすることでお腹の脂肪を落とすことはできますか?

回答2

キャベツダイエットがおススメです。

キャベツダイエットのメリットデメリットを挙げておきます。

メリット

  • 価格が比較的安いです。
  • 一年中手に入りやすいです。
  • ビタミンなど栄養が豊富です。
  • 食物繊維を多く含み整腸作用が期待できます。

 

デメリット

  • 常にキャベツをストックしておく必要があります。冷蔵庫でもかさばります。
  • 就業中の場合、ランチで使うことが躊躇されます。
  • カロリー、タンパク質はほかの食物で補う必要があります。

 

私のキャベツダイエットの方法は以下の通りです。

朝、晩の食事の最初に山盛りの千切りキャベツを食べます。

量は1玉の1/6~1/5ほどです。

塩分の取りすぎを避けて、ドレッシング等の味付けは行いません。

最初は味気なく感じますが、すぐ慣れるので安心してください。

 

そしてキャベツは時間をかけて良く噛んで食べます。

噛んだあとに飲み物で流し込んでやれば、すうっと胃に入っていきますよ。

 

キャベツを食べ終えたあと、10分以上は食事に取りかかりません。

ここがポイントです。

10分以上時間をとることでやや満腹感が出てきます。

満腹感が出てくるので、この状態で食事をすると、量を食べすぎることを防げます。

 

ダイエットを始めた当初は、食事のあと時間がたつと空腹に襲われることもありました。

でも、次第に胃が慣れてきたのでしょう。

無理なく食事を減らすことができるようになりました。

昼食は職場だったため実施できませんでしたが、家族の協力を得て、朝、晩の食事でこのダイエットを取り入れました。

結果、3か月で5kgの減量に成功しました。


質問3

食事を見直すと痩せると思います。具体的に何を改善すればいいでしょうか?

回答3

生活習慣改善ダイエットがおススメです。

 

このダイエットは名前の通り、生活習慣を改善する方法です。

自分の日頃何気なく行なっている生活習慣が太る元を作っているのも現実です。

そうした習慣を改善していくことによって無理なく自然にダイエットを行うことができます。

特に女性の場合に多いのは食後の間食、仕事中の間食の生活習慣です。

間食自体は悪いことではなく、むしろ生活を豊かに楽しむために必要なことです。

しかし裏を返せば、ダイエットを続けたいとおもってる人にはデメリットです。

特に1日何回も間食しているなら、完璧に太ります。

間食するおやつの内容にもよるので気をつけていく必要があります。

 

生活習慣の改善ダイエットで、間食をしないことを目標にした場合、まず行うべきは、日頃自分がどんなものを間食として摂取しているか、どんな時間に摂取しているかの調査です。

特に危険な間食は砂糖たっぷり、油たっぷりの食べ物。

それも朝10時のコーヒータイムに摂取するならまだ消化効果は高いです。

しかし3時以降、夜寝る前にそうしたものを摂取すると危険なことになります。

まず、自分がどんな時間にどんな間食をしているかをチェックしてリストにあげます。

そしてどうしても間食をしたいのであれば、摂取する内容と量、時間を調整してください。

急な改善は難しいですが、1週間の目標をとりあえず設定しましょう。

目標達成に向けて1週間ごとにチャレンジしていきます。

達成できたらカレンダーにチェックをしていきどれくらい続けられるかを確認します。

最初の1か月が山なのでとりあえず、1週間を4回、計1か月続けるという目標を設定してチャレンジしましょう!

そうすると引き続き無理なくダイエットに挑戦していけますよ。

間食をやめた後、体重を測るとたしかに脂肪率が減っている経験もり、友人もかなり成功したので、チャレンジしてみる効果はあります。

 

無理のない運動と無理のない食事改善でをすれば、確実にお腹の脂肪は落ちますよ。

今日から始められるので、さっそく始めてくださいね。

お腹周りの肉が落ちることを祈っております!

-50代女性のダイエット方法

Copyright© 50代でもダイエットで20キロ痩せたい!楽して痩せる方法とは!? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.